スポーツベットレビュー・評価・徹底解説

2018年10月30日|オンラインカジノレビュー・評価・徹底解説

ボーナス

初心者

操作性

サポート

ゲーム

実績

総合 おすすめ!

ウェルカムオファー

現在、スポーツベットでは新規登録者限定の特別ウェルカムオファーが用意されています。

ウェルカムオファー内容:

初回の入金に対して「カジノゲーム専用」or「スポーツベッティング専用」の最大250$の100%入金ボーナス。

獲得出来るウェルカムボーナスは「カジノゲーム専用」もしくは「スポーツベッティング専用」のどちらか一方になります。

初回入金後、スポーツベットのサポートへ

カジノゲーム専用ボーナスをご希望の方はボーナスコード「CA250」

スポーツベッティング専用ボーナスをご希望の方はボーナスコード「SP250」

をお伝えください。

ウェルカムオファーの詳細はスポーツベットのプロモーションページでご確認ください。

本キャンペーンをお受け頂くにはHOWCASI経由でのご登録の際、HOWCASI経由でのご登録である事を確認する為にブラウザのcookieを有効にして頂く必要が御座います。ご登録の際ブラウザのcookieが無効になっていた場合、本キャンペーンのボーナスをお受け取り頂けない場合が御座います。予め、ブラウザのcookieが有効になっている事をご確認のうえご登録頂けますよう宜しくお願い致します。 尚、本キャンペーンは予告なく変更・終了となる場合が御座います。予めご了承下さい。

 

スポーツベットの特徴

初心者向けスポーツベッティング

スポーツベットは非常にシンプルにひたすらスポーツベッティングを楽しむ事を追及した2017年運営開始の最新オンラインカジノです。

扱いやすいインターフェースに親しみを持てるアニメ調のデザインが施されており、特にオンラインカジノに触れた事の無い、オンラインカジノを始めたばかりというオンラインカジノ初心者の方におすすめしたいオンラインカジノとなっています。

スポーツブックとしては優秀、オンラインカジノとしては?

スポーツベットはスポーツブックとしては非常に扱いやすく優秀なオンラインカジノです。

しかし、オンラインカジノとしては一般的なオンラインカジノよりも遊べるゲームが少なく、あまり魅力を感じる部分はありません。

スポーツベットはあくまでも入門スポーツブックとして利用するのが理想的な利用方法となります。

パソコン・スマホ共に高い操作性を実現

スポーツベットは最新オンラインカジノという事もあり、パソコン・スマホの双方で非常に高い操作性を実現しています。

スポーツベットのインターフェースはとにかくシンプルで、スポーツベッティングを楽しむ事だけに特化されているので、スポーツブックを利用した事の無い方でも手軽にスポーツベッティングを楽しめるような仕掛けが随所に施されています。

ライブベッティング対応、話題のEスポーツにもベット!

スポーツベットは試合の途中にベットが出来るライブベッティング機能が備わっています。

試合の展開を見ながらより手堅いベットを行う事が可能です。

また、今話題沸騰のEスポーツの試合にもベットする事が可能です。LOLやオーバーウォッチなど貴方の好きなゲームの試合の勝敗を予想して一儲けする事が出来ちゃいます。

スポーツベットのデータ

運営会社 RWB Solutions International LTD
ゲーミングライセンス キュラソー
運営開始 2017年
対応デバイス マルチ(パソコン・スマホ)
遊べるゲーム スポーツベッティング・スロット・各種定番カジノゲーム・ライブゲーム
日本語 完全対応
インストール 不要

 

スポーツベットにおすすめの入出金方法

ecopayz(エコペイズ)

ecopayz(エコペイズ)はオンラインカジノで最もメジャーな入出金手段としてとても多くのオンラインカジノユーザーに利用されているオンライン決済サービスです。

ほぼ全てのオンラインカジノでの入出金に対応していて、ecopayz(エコペイズ)一つでオンラインカジノの入出金に関わる全ての手続きを完了する事が出来ます。

VISAカード

VISAカードは最も利用者の多い入金オプションです。

VISA搭載のクレジットまたはデビットカードを利用してオンラインカジノへ直接入金をする事が出来ます。

VISAカードを使用したオンラインカジノへの入金には2%程の入金手数料がかかってしまうものの、即時入金の手軽さは大きな魅力です。

また、殆どのオンラインカジノではVISAカードへの出金には対応していない為、VISAカードで入金を行う際には出金の為にVenuspoint(ヴィーナスポイント)の利用がほぼ必須となります。

他のオンラインカジノも見てみる

Share this Post:

コメントを残す