現金が動く!合法オンライン賭け麻雀「DORA麻雀」

2018年4月13日|オンラインカジノ全般

博打の頂点とも名高い麻雀。

皆さんは好きですか?

私はあまり強くありませんが仲間内でわいわい卓を囲って打つ麻雀は結構好きです。

 

麻雀と言えばやっぱりお金を賭けて遊びたいですよね。博打ですから。

しかし、残念ながら日本ではお金を賭けて麻雀打つと賭博法に引っ掛かり犯罪になってしまいます。

麻雀はとても実力の影響するギャンブルだと思います。

麻雀で勝ってお金を稼げるなら強い人は稼ぎ放題です。

しかし、日本ではどんなに麻雀が上手くてもプロにならなければその実力はお金にはなりません。

 

が、インターネット上なら可能です。

それが今回紹介するオンライン賭け麻雀「DORA麻雀」です。

前置きが長くなりましたが早速見ていきましょう。

DORA麻雀概要

運営元 ENTSERV ASIA LTD
ソフトウェア Mahjong Logic
ライセンス マン島
運営開始 2011年7月
オススメ入金方法

・クレジットカード(Visaカード、MasterCard)
・iWallet(アイウォレット)

オススメ出金方法

・iWallet(アイウォレット)

・Venuspoint(ヴィーナスポイント)

カスタマーサポート support@doramahjong.com
ライブチャット(平日)
サポート対応時間 24時間
ボーナス 初回入金額が最大$100まで100%ボーナス
初回入金額$80→$160($80ボーナス提供)
初回入金額$120→$220ボーナス($100ボーナス提供)

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

DORA麻雀は賭け麻雀専門ですが、オンラインカジノの一種です。

国際法に乗っ取り、マン島政府発行のゲーミングライセンスを取得しています。

入出金に関しては、残念ながらecopayz非対応です。

なので代わりにiWalletを用意するかクレジットカード+Venuspointで入出金を行うのがオススメです。

また、DORA麻雀は残念ながらスマホプレイには今のところ対応していません。

パソコン(Windows、Mac)のみでのプレイとなりますのでご注意ください。

 

また、今現在キャンペーンで初めての入金に対して最大100ドルまでの100%入金ボーナスが付いてきます。

純粋に軍資金が2倍になる嬉しいボーナス、是非ご活用ください。

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

賭け麻雀って違法じゃないの?

日本国内で賭け麻雀を行えば勿論、賭博法に引っ掛かるので違法です。

しかし、海外で運営されているオンライン麻雀であれば別です。

DORA麻雀はマン島政府発行のゲーミングライセンスを取得し、合法的に運営されている健全なオンライン賭け麻雀です。

DORA麻雀で現金を賭けて遊んでも違法にはなりませんのでご安心ください。

現にDORA麻雀では多数の日本人プレイヤーが今も遊んでいます。

これはDORA麻雀トップページに掲載されているキャンペーンの進行状況ですが、名前を見て頂ければ多数の日本人が遊んでいる事が分かると思います。

2位の人のアイコンに至っては「糖尿病」ですからね(笑)

実は麻雀めちゃくちゃ強い人は既にDORA麻雀で稼ぎまくっている訳です。

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

DORA麻雀登録手順

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

をクリックするとDORA麻雀詳細・登録ページが開きます。

右上の「今すぐPLAYするにはこちらから」をクリック。

 

登録フォームへ移動するので全て入力(州/地域は必要ありません)して利用規約の同意にチェック後「登録」をクリック。

 

登録メールアドレスにメールが送られるのでメールボックスを確認してください。

 

この様なメールが届いているので、認証URLをクリックしてアカウントの認証を完了します。

 

以上でDORA麻雀アカウント登録は完了です。

 

DORA麻雀ダウンロード・インストール手順

先ほどのEメールに記載されているダウンロードURLをクリックします。

 

DORA麻雀ダウンロードページへ移行するのでWindows、もしくはMacのDORA麻雀をダウンロードしてください。

(Mac版は下にスクロールするとあります。)

 

ダウンロードしたexeファイルを開くとインストーラーが起動します。

契約書を読み「同意する」をクリック。

 

ショートカットの作成を選択して「次へ」をクリック。

 

インストール先を選択(基本はそのままで問題ありません)して「インストール」をクリック。

 

インストールが完了したら「次へ」をクリック。

 

以上でDORA麻雀のダウンロードとインストールが完了します。

 

DORA麻雀のルール

ゲームの種類と勝ち金ルール


一局のみ

一局のみの勝負です。親継続は無く、配られた牌のみで勝負です。

尚、一局のみでは場風を採用していませんのでご注意ください(自風・三元牌は一飜付きます)

1位の人が賭け金を総取りします、
振り込んでしまった場合は、更に追加金として賭け金と同額を支払うという「フーディングペナルティ」という特殊ルールが採用されます。
また、1局ゲームの場合は、順位ボーナスは適用されません。

東南戦(半荘)

一般的な東南戦(半荘)です。

ゲーム終了後に持ち点に応じて賭け金の分配を行い、更に順位ボーナス(ウマ)にて清算を行います。

東風戦

一般的な東風戦です。ハコテンを除き、場が一周したら終了です。

清算方法は東南戦(半荘)と同様です。

トーナメント戦

DORA麻雀運営では数々のトーナメントが開催されます。

基本的に勝ち上がると賞金がもらえます。トーナメントには参加費が設けられており、参加費を払うことでトーナメントに参加できます。

参加費自体が無料でトーナメント上位になると賞金が出るトーナメントもあります。

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

採用されている麻雀の種類

四人麻雀

三人麻雀

選択 半荘、東風戦、一局のみ
賭け金 $0-$10、$10-$50、$50-、プレイマネー
ルール 四人麻雀、三人麻雀
卓の種類 赤有り(4枚)・赤無し
レート(最低保留金) 無料卓(プレイマネー卓)/$1/$1.5/$2/$4/$6/

$8/$10/$16/$32/$64/$96/$128/$144/$192/$256

 

最低保留金……最下位で対局終了時の保有点数が0以下の場合に支払う最大支払い金額

プレイマネー…無料卓でプレイする時、仮想通貨として使用するDORA麻雀通貨です

⇒プレイマネーは出金はできません

⇒プレイマネーが0になると再度補充も可能です

⇒複数の卓にて同時にプレイ出来る「マルチプレイ」も可能です

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから





共通


流し満貫不採用

自分の捨て牌を鳴かれずに一,九,字牌のみ河に捨てる流し満貫ですが、こちらは不採用です


九種九牌不採用

一,九,字牌が九種類以上あれば流局できる九種九牌ですが、こちらは不採用です


人和不採用

DORA麻雀では人和を採用していません

一打目に上がりの場合、手内に役がある時のみ上がれます


フリテン有り

フリテンがあります


チョンボ無し

誤ロン、誤ツモ等が無いので原則としてチョンボはありません

上がり目無しの状態でリーチが可能で、その場合チョンボではなく上がり目無しのリーチになります


形式聴牌(テンパイ)有り

但し以下のケースにご注意ください。

A.自分で待ち牌を全部使っている → ノーテン

B.捨て牌も含めて待ち牌が全て見えている → テンパイ


赤ドラ有り・無し

DORA麻雀では赤ドラ有りの卓と無しの卓が存在します。

卓を選ぶ時に、卓名の頭に「赤有・」と記載されているのは赤有り卓で、記載が無い卓がは赤無し卓です。


四風連打採用

東南西北で全員が同じ牌を一打目に切ると流局。鳴きがあった場合は成立しない


オーラス親アガり辞め無し

オーラスの親はアガり辞めがありません。誰かがハコった場合は終了になります


喰い替え有り

234と持っている場合、赤5が場に出た場合34で赤5をチーし、2を切ることができます。

666持ちで6をポンして6を切ることも可能です。


頭ハネ採用

DORA麻雀ではダブロンを採用せず、振り込んだ家から巡に上がりが優先される

三人麻雀


北抜き採用

北牌を『北ドラ抜き』するとDORAとして加算される。*下記詳細ルール有り


萬子の二~八不採用

三人麻雀では筒子(ピンズ)索子(ソーズ)字牌は従来の麻雀と同様に用いますが、萬子(マンズ)は二~八を取り除き一と九だけ使用したルールとなります。


「北」風牌扱い

暗子、またはポンをした場合通常の風牌と同じように一翻加算される。

その場合、風は関係ない(東一局南場の状況でも一翻)


北牌の平和

北牌は雀頭として使用した場合に「平和」は適応される


流局時計算五捨六入

流局時、500点単位での支払はせず五捨六入で行う

(テンパイ:+2,000点 ノーテン:-1,000点 ノーテン:-1,000点)


チーの不採用

三人麻雀ではチーはありません。

ツモ、カン、ポン、ロンのみになります。


四風連打で流局

三人麻雀でも適応。[東家→南家→西家]で[東南西北]同じ牌が出たら流局

四風連打、とあるが三人麻雀の場合は三人連続同じ風牌が捨てれば適応される。

尚、鳴きが入った場合は適応されない。

また、四風連打は親は流れない。

赤ドラについて

赤ドラ搭載

五筒、五萬、五索が以下の様に設置されております。

「赤五筒:選択可能。赤有りルールの場合2枚」

「赤五萬:選択可能。赤有りルールの場合1枚」

「赤五索:選択可能。赤有りルールの場合1枚」



赤牌はドラ扱いになります。

赤を一枚含んでアガった場合一翻付き、二枚含んでアガった場合二翻付きます。

ドラ扱いなので、ドラのみでアガることはできません。





赤ドラ卓選択方法

赤ドラの搭載は全ての卓に適応するわけではありません。

麻雀卓を選択する時、「赤有り卓」「赤無し卓」を選択することが可能です。

こちらは卓名の前に「赤有」と記述されておりますので、プレイの際はご確認ください。

三人麻雀「北」について

・北が手持ちにある自分の番、『キタ抜き』ができる(任意。やらなくても良い)

・『キタ抜き』を行うとキタは手から外れ、鳴きと同じように自分の場におかれる

・手牌が14枚⇒13枚になってしまうので、王牌から一枚引く。

王牌を引いてアガった場合”嶺上開花”が付く

・『キタ抜き』はドラとして加算される。最高四回可能で、その場合4翻付く。

ドラ表示が”西”の場合『キタ抜き』を四回行うとドラ8となる

・『キタ抜き』はドラ扱いなので『キタ抜き』のみではアガれない

(ドラのみでアガれないのと同じ。役が必須)

・『キタ抜き』を何度行ってもリーチが可能

・『キタ抜き』を行うと、相手の一発を消すことができる。(一発、ダブリー、地和など)

・『キタ抜き』は手牌14枚から除外される(大四喜を揃える場合、キタ抜きでなく手牌として活用する必要がある)

・北は通常の牌として使うこともできる

・他家が『キタ抜き』をしても、それをポン・カンすることはできない

・他家が『キタ抜き』した場合、ロンすることができる。その場合『北ドラ抜き』が一役加算される

・『キタ抜き』は山から牌を引いた時にしか宣言できない。他家から鳴いた後の宣言は不可

連荘について特徴

・親のアガり、テンパイで親を継続

・オーラス時トップでテンパイ・アガりでも親継続(アガり辞めなし

・四風連打の場合親は入れ替わらない。

DORA麻雀まとめ

DORA麻雀が他のオンラインカジノと違う所は胴元VSプレイヤーではなく、プレイヤーVSプレイヤーであるというところ。

私のように麻雀の腕に自信が無い方にはあまりオススメ出来ませんが、麻雀の腕に自信がある人はオススメ、どころか間違いなくやるべきです。

常勝レベルに強い人なら24時間オンラインで稼ぎ続ける事が現実的に可能です。

名前は出せませんが、既に現役を引退したあの人や現役麻雀プロのあの人もDORA麻雀で荒稼ぎしてるみたいですよ。

 

「俺は麻雀だったら誰にも負けねぇ」って方は是非。

DORA麻雀の詳細・登録はこちらから

Share this Post:

コメントを残す