バカラのルールと基本戦略

2018年1月30日|GAMES

数あるカジノゲームの中でも「究極のギャンブル」と名高い支持を受けているのがバカラです。

今回はバカラのルールと基本戦略について解説していきます。

バカラで使用する用語

PLAYER、BANKER

場で勝敗を競う、仮想プレイヤーの名称。

基本的にバカラではこの「PLAYER」か「BANKER」のどちらが勝利するかを予想しベットを行う。

(PLAYERと言っても貴方の事を指している訳では無い点に注意)

ヒット(Hit)

カードを引くこと。

スタンド、ステイ(Stand、Stay)

カードを引かないこと。

ピクチャー

絵柄カード(J、Q、K)のこと。

ナチュラル

PLAYER、BANKERとも初めの2枚の合計が「8」か「9」のことをナチュラル8、ナチュラル9と呼ぶ。

デッキ数(Deck)

52枚のトランプを1Deckとして、いくつのDeckで行われるかを示す。

通常は8Deckでゲームが行われる。

コミッション(ハウスエッジ)

あなたがBANKERに賭けて勝った場合、配当の5%をカジノに徴収される仕組み。
ノーコミッションのバカラもあるが、その場合”ロクハン”と呼ばれ、BANKER「6」で勝った場合のみ配当の50%が徴収される。

バカラにおけるカードの数字

バカラにおけるカードの数字は基本的にブラックジャックと一緒です。

普通の数字カード(2から9まで)は数字通り。
10および絵札(J、Q、K)は「0」とカウントします。
Aは「1」とカウントします。

※バカラではBANKER、PLAYER各々のカードの合計の下一桁の数字しか見ないので、
ブラックジャック同様に絵札を「10」とカウントしても差し支えない。
「A」も同様、「1」「11」どちらでもかまいません。

バカラの基本ルール

バカラは場で展開される「PLAYER」と「BANKER」の勝負の結果を予想し、ベットする遊びです。

友人同士等でバカラをプレイする場合は全て自分たちで進行する必要がありますが、カジノやオンラインカジノ等でバカラをプレイする場合は全てディーラーがゲームを進行してくれます。

最初にPLAYERとBANKERに2枚ずつのカードが配られ、2枚の合計した数字によってカードが追加(ヒット)されたり、打ち止め(スタンド)になったりします。

PLAYERとBANKERの勝敗は最終的なハンドの強さによって決まります。

強さの基準は2~3枚のハンドのカードの数字合計下一桁0~9までで数字の大きい方が勝利となります。

ベットの仕方と配当額

バカラのベットは大きく分けて3種類です。

「PLAYER」・・・PLAYERが勝利する事にベットする。

「BANKER」・・・BANKERが勝利する事にベットする。

「TIE」・・・引き分けになる事にベットする。

 

また、遊ぶオンラインカジノやバカラの種類によっては更に細かく、様々な要因に対してベットする事も出来ますが、基本的に「PLAYER」と「BANKER」以外へのベットは勝率が低くなるので今回は割愛させて頂きます。

 

また、「TIE(引き分け)」にベットするのも基本的に損をするのでやめておいた方が賢明です。

「TIE」にベットすると引き分け以外の結果になった時に賭け金は没収されてしまいますが、「PLAYER」もしくは「BANKER」にベットしていた時に「TIE」つまり引き分けになったとしても貴方が賭けた金額は全額返ってきますので、損はしません。

 

※注意※

PLAYERとBANKERの両方にベットする行為は、「オポジットベット」と言い反則行為となりますので注意してください。

賭け方 配当
PLAYER(プレイヤー)の勝ちに賭けた場合 2倍
BANKER(バンカー)の勝ちに賭けた場合 1.95倍
TIE(引き分け)に賭けた場合 8倍

PLAYERとBANKERの配当に差があるのはバカラ用語の方にもあったコミッション(ハウスエッジ)というものがある為です。

BANKERの勝利はカジノ運営の勝利という扱いで配当の5%が胴元であるカジノに徴収される仕組みとなっています。

「ならBANKERになんか賭けねーよ」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、バカラはPLAYERのハンドが確定した後にBANKERのハンドが作られていくので、若干ではありますがBANKERの方が勝率が高くなっています。

また、PLAYERとBANKERではカードを配るルールが異なります。

カードの配られ方

PLAYER限定ルール

▼最初の2枚のカードの合計の下一桁が、

0~5の場合 3枚目のカードを引く(ヒット)
6,7の場合 カードを引いてはならない(スタンド)
8,9の場合 BANKERが8,9でなければ自動的に勝ち
(BANKERはカードを引くことができない)
BANKERも8,9の場合はそのまま勝負

BANKER限定ルール

▼最初の2枚のカードの合計の下一桁が、

0~2の場合 3枚目のカードを引く
3の場合 PLAYERが3枚目を引かなかったら
 BANKERは3枚目を引かなければならない
PLAYERが3枚目を引いてそのカードが
 「8」以外の場合、BANKERも3枚目を引かなければならない
 「8」の場合、3枚目を引いてはならない
4の場合 PLAYERが3枚目を引かなかったら
 BANKERは3枚目を引かなければならない
PLAYERが3枚目を引いてそのカードが
 「0」「1」「8」「9」以外の場合、BANKERも3枚目を引かなければならない
 「0」「1」「8」「9」の場合、3枚目を引いてはならない
5の場合 PLAYERが3枚目を引かなかったら
 BANKERは3枚目を引かなければならない
PLAYERが3枚目を引いてそのカードが
 「4」「5」「6」「7」の場合、BANKERも3枚目を引かなければならない
 「4」「5」「6」「7」以外の場合、3枚目を引いてはならない
6の場合 PLAYERが3枚目を引かなかったら
 BANKERは3枚目を引かなければならない
PLAYERが3枚目を引いてそのカードが
 「6」「7」の場合、BANKERも3枚目を引かなければならない
 「6」「7」以外の場合、3枚目を引いてはならない
7の場合 3枚目を引くことはできない
8,9の場合 PLAYERが8,9でなければ自動的に勝ち
(PLAYERはカードを引くことができない)
PLAYERも8,9の場合はそのまま勝負

バカラの基本戦略

基本的にバカラに戦略と呼べるようなものはありませんが、「PLAYER」「BANKER」「TIE」の3つで比べると

「TIE」<「PLAYER」<「BANKER」

の順に期待値が高いです。(BANKERが一番高く、TIEが一番低い)

なので、もし良く分かんなくてどこに賭けるか迷ってるなら「BANKER」にベットするのが賢明な判断となります。

バカラアシストツール

私も利用している本気でバカラを攻略したい人の為のアシストツールがあります。

有料ツールではありますが、ちゃんとプレイ時間が取れれば元手は余裕で回収出来る程の代物なので興味のある方はご覧になってみてください。

バカラが遊べるおすすめオンラインカジノ

バカラ自体はどこのオンラインカジノにも用意されているゲームなので、迷ったら世界中から支持され続けている私のイチオシオンラインカジノである「ベラジョンカジノ」で遊ぶのがオススメです。

また、生中継を利用したライブディーラーゲーム「ライブバカラ」で遊びたい方は業界一のライブバカラテーブル数を誇る「エンパイアカジノ」が最もおすすめになります。

Share this Post:

コメントを残す